中古ブランドアイテム販売・買取のロコシーラTOP  >  ブランド品のお役立ちコラム  >  ブランド品は綺麗に保管しておきましょう  >  バッグを綺麗に保管しておく収納方法とは?



バッグを綺麗に保管しておく収納方法とは?

投稿日:2014-10-17

高級なバッグ、素材のよいバッグを買ったのに、すぐに型崩れしたり、汚れてしまったりすると落ち込んでしまいますよね?
ブランド品だからといって安心してはいけません! 綺麗な状態で長く使い続けるには、やはり手入れが必要です。ここでは、バッグの適切な保管方法を紹介していきます。

革の変質を防止するには?

高級バッグの多くは革で作られているため丈夫だと錯覚しがちですが、実はとても繊細な素材です。
まず、日当たりの良い場所に放置することは止めましょう。
日光は、革製品にとって大きな負担となります。元々は動物の皮膚ですから、人間が日焼けするのと一緒だと思えば分かりやすいかもしれません。
タンスや収納ケースの中で保管することもNGです。引き出しの中は湿気が多く、カビの温床になりやすいので、風通しが良い室内に保管します。(後述参照)

また、どうしてもタンスや収納ケースに保管しなければならない場合、必ず頻繁に開ける場所に保管し、防虫剤や乾燥剤は多用せず、防虫剤は直接鞄に触れないところに置きましょう。
これは革の素材と防虫剤の成分が反応し、変質してしまう恐れがあるためです。

日焼けの時と同様に、基本的には生き物の皮膚だと思って扱いましょう。日本は湿気の多い国ですから、月に1、2度くらいは外気に触れさせるようにしましょう。

必ず風通しのよい場所に保管する

前述した通り、タンスや収納ケースなど、締め切られた場所ではカビが発生しやすいものです。

毎日使うバッグでなければ、中に入っている持ち物を全て取り出し、底まですっきりと風が通るようにしておきましょう。その際、紙類を丸めて中に詰めておくと、異物が侵入しにくくなるのでより効果的です。

また、雨の時に商品を購入すると、商品の上にビニール袋をかけてもらうことがありますが、あれと同じ要領で表皮を守ろうと上からビニール袋や紙袋で覆うのは得策ではありません。
通気性が悪くなり、それもまたカビの原因となってしまうためです。
保管前に、表面はホコリをしっかりと取り除いてから専用のクリームで汚れを落とし、しばらく陰干しをすれば、美しい状態を保つことができます。

型崩れを防ぐには?

革製品でなくとも、バッグに関するお悩みで多いのがこの「型崩れ」です。
いくら丈夫でも使っていれば段々伸びてきたり、底がへこんできたりしてしまいますよね。
出来る限り美しい形を保つためには、保管の際にひと手間かけることが重要です。

まず、可能であれば吊るして保管しましょう。
長年しまい込んでいたバッグを久々に出したら形が変わっていた、なんて経験はありませんか?
それは、畳んで収納したり、他のバッグと一緒に重ねて保管したりするからです。バッグは保管されている時の形を覚えてしまいます。必ず手を加えないでそのままの状態で横並びに保管しましょう。

本来ならば、専用棚を作るのが理想的な保管方法です。普段は使わないけれど、特別な時のために……と買ったバッグが複数ある方は、専用のラックなどを購入し、直射日光の当たらない場所に置いて、そこにバッグを並べた方が良いでしょう。
自慢のバッグ達はインテリアとしても重宝するでしょうから、並べる順番にも是非拘ってみてください。

  • 初めてのお客様へ
  • 選べるカンタン査定方法
  • お客様の声
  • 高額査定の理由
  • 高く売るコツ
安心の運送保険
買取査定フォーム
よくあるご質問
査定をしてもらい、金額が気に入らなかった場合、品物を返してもらえますか?
お品物はもちろんお返しさせていただきますので、ご安心ください。宅配買取をご利用のお客様には、返送させていただきます。(送料はロコシーラ負担いたします)
今、住んでいる住所と本人確認書類に記載された住所が異なりますが、よいですか?
現住所の記載された本人確認書類をお持ちくださいますようお願いします。住所が異なっている場合にはご利用がいただけませんので書換えをお奨めいたします。
洋服はクリーニングをしてから持っていった方がよいですか?
お品物の状態がよければクリーニングは不要です。ただし、染み、汚れなどはマイナス査定の対象となり、お品物の状態によっては買取できない場合もございます。
店舗紹介 お近くの店舗でも販売しております
luxury brands shop Roko Shira
モバイルサイト
ロコシーラは"偽製品"や"不正商品"の流通防止と排除を目指しています。
ページトップに戻る